採用情報 RECRUITMENT

ホーム採用情報社員メッセージ > SOAコンサルタント

MESSAGE

見通しの良い場所から、新しい世界を見たい。

SOAコンサルタント
  • 早稲田大学理工学部卒。
  • ERPベンダーでソフトウェア開発及びシステム導入コンサルティング業務に携わる。現在はSOAコンサルタントとしてコンサルティングサービス全般の技術サポート及びプロジェクトリーダーを担当。

もっと広い世界を見たい

EAI(アプリケーション統合)をメインに、技術サポートを行なっています。クライアント先での個別スポット対応や、営業フェーズでの資料作成・デモ環境の構築を行うなど、複数案件を担当しています。前職は大手ERPベンダーでアドオン機能のプログラム開発や製品開発をしていました。学生時代の専攻がコンピュータネットワークということもあり、EAIソフトウェアの仕事にもともと興味があったのです。

開発の仕事は好きでした。しかし、ERPベンダーである以上、自社の製品にしか関わることができません。ソフトウェアは本来無限の可能性があるもの。特定の製品という制約無しで自由に仕事がしてみたい。そんな思いを抱えていましたので、テノンに入社するのは必然だったと思います。

初めて社長と話をした時、自分の漠然とした不安を的確に指摘されましたね。「もっと見通しの良い場所で、新しい世界を切り拓いてみないか?」。自分が言って欲しかったことを言ってくれたという感じがしました。もともと私には大手志向や安定志向は全くありません。迷う理由はどこにもありませんでした。すぐに退職の手続きをし、翌月にはテノンの入社初日を迎えていました。

実際に働いてみると、期待していた通りの環境でした。仕事はやりたいようにやらせてくれる。もちろん厳しさはあります。でも辛さよりも、自分で自分の責任を全うできるという、良い意味でのプレッシャーがあります。テノンの魅力は一緒に働くメンバーにあると思います。誰もが個性的で刺激があり、経験とスキルを兼ね備えたプロフェッショナルです。それぞれが専門性を持ち、その場その場で最適なチーム編成ができるのが組織としての強みの一つだと思います。

パートナーとして認められるということ

入社して半年が過ぎた頃、印象深い出来事がありました。とあるクライアント先でシステムトラブルが発生します。カットオーバー直後にも関わらず、他社の担当者はつかまらないという状況。詳細を把握しきれないまま、私は現場に向かいました。同種のトラブルが1時間ごとに発生しますが、一向に原因が分かりません。しらみ潰しに問題の発生箇所を探る作業。業務担当のお客様も辛抱強くお付き合いくださいました。その甲斐あって問題発生から数時間後、ようやく解決の糸口がつかめました。

何とか事態が収束した後、そのお客様からいただいた一言が忘れられません。「一緒に考える人がいてくれてよかった。どうもありがとう」。

おそらく彼にとっては何気ない一言だったでしょう。しかし、私にとってはとても心にしみた言葉でした。後日、そのお客様から別の案件でご指名いただきました。この時は嬉しかったですね。今でも継続してお付き合いがあります。信頼関係を築くとはどういうことか、パートナーとして認めていただくとはどういうことか、この一連の案件で自分がひとつ成長できたと思います。

理想に近づくための日々

今はやりたい事ができている状態ですが、まだまだ自分の未熟さを感じます。もっとスキルアップに励みたい。そして少しでも自分の理想とするコンサルタントに近づきたいです。私にとって理想のコンサルタントとは、月並みな言い方ですがクライアントの立場で考えることができること。クライアントの課題に対して選択肢を提示したうえで、最適解へと導くことができることです。そのための引き出しを増やしていきたいですね。与えられた状況での最適なソリューションを、確信を持ってお客様に提案できるようになりたいです。

今はテノンで仕事をすることが、その引き出しを増やす一番の近道だと考えています。社内はコミュニケーションの濃度が非常に高い。誰かに何かを伝えることが、とても重要視されます。得意分野があっても、その知識を抱え込んではだめ。常に他のメンバーと共有することが求められます。 「知識は得ることよりも、人に教えることに価値がある」。

テノンではこの哲学を全員が共有しています。自分の専門的なナレッジを相手に伝えるのはとても難しい。ここでも求められるのは、「相手の立場で考える」という想像力。そして課題を解決へと導く視点です。日々行なうことの全てが、プロフェッショナルへと近づくための一歩だと実感しています。

関連する職種情報を見る

ページトップへ